育毛発毛AGAの副作用と効果について

男性機能の低下

男性機能の低下

AGAの治療薬では一部の方に副作用が見られますが、男性で特に心配してしまうのが精力や男性機能の低下でしょう。毛が増えることからホルモン剤のように考えてしまうようですが、AGAの治療薬プロペシアは男性ホルモンに直接作用するものでは有りません。医学上では性欲の減退などは起こらないとされているのです。
副作用が見られる割合は、全体の数パーセント程度です。割合としてはかなり少ないものです。症状も軽いものが多く、深刻な副作用が見られたというケースはありません。精力減退が起こってしまう理由は、プラシーボ現象の可能性もあるでしょう。先ほども説明したとおり、性欲を司る男性ホルモンのテストステロンにはなんら影響は無いのです。ただし、1〜2%程度の人が実際に性欲減退の症状が出ていることは事実です。脱毛によるストレスや、AGA治療薬によって副作用が現れると言う不安感から起きている可能性もあります。日常生活を見直しストレスを改善してみて下さい。ストレスは抜け毛とも関係があるため有効です。
副作用が心配な方は必ず医師の処方の元利用するようにし、海外通販から購入するのは避けたほうが良いでしょう。自己判断で服用するより、医師の判断を仰いだ方が良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ